埼玉医科大学救命救急センターは、全国で9番目に指定された高度救命救急センターです。診療困難な重症患者に常時対応し、積極的に受け入れています。

Information

2020年12月01日

埼玉医科大学総合医療センター救急科(ER)淺野先生によるブログ『腰椎分離症』更新しました▶︎

2020年11月10日

高度救命救急センター 月間報告 2020年10月分更新しました。

2020年10月01日

埼玉医科大学総合医療センター高度救命救急センターのウェブサイトがリニューアルいたしました。

2020年03月27日

埼玉医科大学総合医療センター 救急科(ER)のウェブサイトがリニューアルオープンしました。新しいウェブサイトはこちら▶︎

診療システム

診療体制診療体制当救命センターは、ER、ICU、脳外科、外科、整形外科にチーム分けされています。ドクターヘリを含む病院前診療はERが中心となり、初療室からは、ERを中心として全チームが合同で診療にあたります。 ERER主に初期診療、病院前診療、ドクターヘリを担当し、救命センターに入院する内因性疾患症例に対しては主治医となり、退院まで担当します。 ICUチームICUチーム当ICUには外傷症例を中心として、多数の重症症例が入院します。2019年は1174例のICU入室がありました。各主治医がさまざまな思いで診療に従事しています。 脳外科脳外科数多くの重症頭部外傷症例の治療経験に裏打ちされた質の高い手術と集中管理により、当センターの救命率は内外に誇るものと自負しております。 外科チーム外科チーム救命外科チームは主に救命センター入院症例の手術、カテーテル、その他さまざまな処置(内視鏡、透視下処置等)を担当しています。主に体幹部外傷手術がメインになりますが、内因性の重篤疾患も対象となります。 整形外科チーム整形外科チーム当施設は外傷に特化した救命センターですが、外傷はなにも胸部外傷、腹部外傷だけが花形ではありません。整形外傷が圧倒的な比率を占めます。また脊椎外傷、骨盤骨折の治療戦略は熟練した整形外科がいることが前提となります。 IVRチームIVRチーム2018年より救命センター単独で緊急カテーテル対応を開始しました。まだまだ少人数ですが、院内すべてのカテーテル症例に対応するべく絶賛売り出し中です。 ドクターヘリドクターヘリ重症患者は時間との闘いです。1秒の遅れが命取りになります。そのため誰よりも早く現場にたどり着くことを目指します。患者の思い、患者家族の思い、助けたいと心から願っている地上スタッフの思いを乗せて、今日も空を飛びます。 外傷診療外傷診療外傷診療は、脳外科、外科、整形外科の外傷チームが主治医となり主に診療にあたります。ただし、初療ではERが初期診療の中心になり、またICU入室の間は、ICUチームが全身管理を行います。手術・カテーテルは外傷チームが担当します。 災害拠点病院災害拠点病院災害拠点病院とは、災害発生時に被災地内の医療機関を支援して、24時間緊急対応し、傷病者を受け入れるなど、災害時の医療救護活動において拠点になる病院を言います。 DMATDMATDMAT(Disaster Medical Assistance Team)とは、アメリカを参考に作られた災害時派遣医療チームのことです。自然災害や大規模な交通事故等の現場で、災害医療の最前線に素早く立ち、救える命を多くすることを目的としています。

診療実績

高度救命救急センター 月間報告 2020年10月

  全体 外傷 CPA 中毒 脳血管 心血管 熱傷 アナフィラキシー 消化器 呼吸器 再入院 その他
全体 105 68 10 2 4 0 1 1 1 2 12 4
救命ICU 98 62 10 2 4 0 1 1 1 2 1 4
PICU 4                      

その他ICU

0                      
HCU
入院
1 1                    
後方病棟入院 12 1                 11  
  全体 外傷 CPA 中毒 脳血管 心血管 熱傷 アナフィラキシー 消化器 呼吸器 再入院 その他 
全体 105 68 10 2 4 0 1 1 1 2 12 4
救命ICU 98 62 10 2 4 0 1 1 1 2 1 4
PICU 4 4                    
その他ICU 0                      
HCU入院 1 1                    
後方病棟入院 12 1                 11  

外傷関連
  全体 陸送 or walk in ヘリ 転院
ICU入室
63 34 14 15
HCU入室 1 0 0 1
PICU入室 4 1 0 3
後方病棟 1 1 0 0
重症外傷* 28 11 9 8
多発外傷** 6 3 2 1
MTP症例 3 2 1 0
*重症外傷:ISS≧16、**多発外傷:AIS≧3が2領域以上

手術件数
  全体 外傷 その他
全体 97 88 9
整形 83 83 0
外科 10 2 8
脳外 4 3 1

2020年10月報告書
救命入院件数

救命入院件数

ドクターヘリ

ドクターヘリ

外傷症例データ

外傷症例データ

ISS別外傷成績

ISS別外傷成績

手術件数

手術件数

IVR件数

IVR件数

外傷戦略会議

外傷戦略会議

当救命センターでは定期的に外傷戦略会議を開催しています。
 
外傷戦略会議では、外傷診療においてエビデンスがまだ十分に確立されていない領域について特に議論し、当院でのルールを決定します外傷後静脈血栓予防に対してDOACを第1選択とする/フレイルチェストは全例肋骨固定を/頚椎外傷に伴う椎骨動脈損傷の治療戦略とは
 
2年を目処に修正を加え、新たな知見があれば付け加えます。

外傷戦略会議外傷戦略会議
スタッフ・レジデント募集スタッフ・レジデント募集
見学のご案内見学のご案内