埼玉医科大学救命救急センターは、全国で9番目に指定された高度救命救急センターです。診療困難な重症患者に常時対応し、積極的に受け入れています。

埼玉医科大学総合医療センター高度救命救急センターでは、
スタッフ・レジデントを常時募集しています。 

埼玉医科大学総合医療センター
高度救命救急センターでは、
スタッフ・レジデントを
常時募集しています。 

 

そうだ、埼玉に行こう。

当施設は、常に人材不足に苦しんでいます。共に高度な救急医療、外傷診療を追求する仲間を求めています。診療実績にも示しましたが、症例は豊富であり、やる気のある若手医師を満足させる自負はあります。また、PICU、麻酔科、術後ICUとも連携しており、他科研修も非常に気軽に行えます。一緒に働きませんか?

そうだ、埼玉に行こう。

当施設は、常に人材不足に苦しんでいます。共に高度な救急医療、外傷診療を追求する仲間を求めています。診療実績にも示しましたが、症例は豊富であり、やる気のある若手医師を満足させる自負はあります。また、PICU、麻酔科、術後ICUとも連携しており、他科研修も非常に気軽に行えます。一緒に働きませんか?

あっ、これなんだよ、
やりたかったことは!

ドクターヘリを含めた病院前診療、ER業務、ICU管理、外科・脳外科・整形外科各種手術、IVRいずれも当科で経験することができます。あなたがしたかった診療が、ここでは必ず実現できます。

 

あっ、これなんだよ、
やりたかったことは!

ドクターヘリを含めた病院前診療、ER業務、ICU管理、外科・脳外科・整形外科各種手術、IVRいずれも当科で経験することができます。あなたがしたかった診療が、ここでは必ず実現できます。

 

見極めてください。
メールひとつで、外傷診療最前線へ案内します。

 
特に外傷診療については質・量ともに最高峰を自負しています。
お問合せよりご連絡いただけましたら、すぐに対応します。
当施設自慢の救急診療・外傷診療をご紹介します。

 

レジデントが主役です。

救急診療は若手医師が主役です。瀕死の患者が見事に救命されていく現場を目撃しませんか?そして、次はあなたが瀕死の患者を救いませんか?

 レジデントが主役です。

救急診療は若手医師が主役です。瀕死の患者が見事に救命されていく現場を目撃しませんか?そして、次はあなたが瀕死の患者を救いませんか?

専門医を求めています。

当施設は専門医集団です。各種専門医資格をもった猛者たちが協働して診療にあたります。特に外傷診療は、全科にわたる専門的知識が必要になるため、どの専門医資格であっても助けになります。いろいろな専門医がミックスされるため、思いもかけないアイデアが生まれ、それが患者の救命・機能改善につながることがよくあります。

 

専門医を求めています。

当施設は専門医集団です。各種専門医資格をもった猛者たちが協働して診療にあたります。特に外傷診療は、全科にわたる専門的知識が必要になるため、どの専門医資格であっても助けになります。いろいろな専門医がミックスされるため、思いもかけないアイデアが生まれ、それが患者の救命・機能改善につながることがよくあります。

 

高齢者医療の充実、高齢患者だけでなく高齢医療者にも。

救急医療は若手だけが主役ではありません。当施設は40代、50代になってから入局したスタッフもおられます。その豊富な経験を当施設でお貸しいただけないでしょうか。

高齢者医療の充実、高齢患者だけでなく高齢医療者にも。

救急医療は若手だけが主役ではありません。当施設は40代、50代になってから入局したスタッフもおられます。その豊富な経験を当施設でお貸しいただけないでしょうか。

マイナー科だって
救急したい。

当施設ではこれまでにマイナー科出身のスタッフが多数在籍しています。むしろマイナー科の専門的な知識が、救急診療・外傷診療には必須になってきます。

 

マイナー科だって救急したい。

当施設ではこれまでにマイナー科出身のスタッフが多数在籍しています。むしろマイナー科の専門的な知識が、救急診療・外傷診療には必須になってきます。

 

外傷ルネッサンス

当施設では外傷ルネッサンス(古代復興)が勃発しています。Damage Control Surgeryからの脱却、MTPの確立、フィブリノーゲン製剤の使用、時間短縮の概念に囚われない自由な発想、Definitive surgeryの復興、PTDといえば、Preventable Trauma Deathではなく、Preventable Trauma Disabilityの発想、保存ではなく積極的な手術療法、超早期のDefinitive fixationFix and Flapの実践、これらが同時並行で勃興し、他施設とは違った外傷診療を形成しています。
 

外傷ルネッサンス

当施設では外傷ルネッサンス(古代復興)が勃発しています。Damage Control Surgeryからの脱却、MTPの確立、フィブリノーゲン製剤の使用、時間短縮の概念に囚われない自由な発想、Definitive surgeryの復興、PTDといえば、Preventable Trauma Deathではなく、Preventable Trauma Disabilityの発想、保存ではなく積極的な手術療法、超早期のDefinitive fixationFix and Flapの実践、これらが同時並行で勃興し、他施設とは違った外傷診療を形成しています。

我々には仲間が必要です。

 

瀕死の患者が救命され、機能改善していくダイナミックな流れは、
これ以上なく感動と興奮を呼び起こします。
 
共にこの感動と興奮を味わいませんか?

外傷戦略会議外傷戦略会議
スタッフ・レジデント募集スタッフ・レジデント募集
見学のご案内見学のご案内